爪水虫の治療にロートの商品などを使用

爪水虫の治療にロートの商品などを使用

爪水虫で悩んでいたので、ロートの商品と北の達人コーポレーションの浸透力特化型の爪用ジェルを使いました。ロートの薬に関してはスプレー式の物で、5cmくらい離した位置から足の指の間など患部全体にスプレーをするタイプで風呂上りなどに使っているとそれなりに爪水虫の症状が抑えられる事ができました。

 

北の達人コーポレーション爪用ジェルは、爪の治療に特化したタイプで使い始めてすぐ爪に有効成分がしみ込んでいる感覚があり、爪のカサカサやゴワゴワが次第に消えていきました。

 

爪水虫は治療に時間がかかるので、色々な商品や薬を使っても効果があるのかないのかわかりにくいですが、この2つの商品は使っているうちに次第に爪が綺麗になってきたので使用して満足しています。

 

爪が汚いと友人達と温泉やプール等に行く時にも素足を見られることに抵抗があり、コンプレックスを抱えてしまいがちでしたが、良い薬に出会えた事で次第に症状が改善しつつあるので良かったです。

 

爪用ジェルの商品は、浸透力特化型だけあり硬くなった爪に塗っても効果的で、長く使い続けていても副作用がないのでこれからも利用したいです。植物性由来の商品なので、安全性が高く気に入っています。

 

 

爪水虫をろうそくで治す?

去年の夏休みに、爪水虫になりました。最初は痒みもないし、痛みも感じないことから、爪水虫だなんてわかりませんでした。爪が黄色く変色し、明らかにでこぼこと形が変わってきて、これはおかしいと思い、インターネットで、足の症状を調べてみました。

 

 湯に入ったときに、爪先がごわごわして、洗いカスがたくさん出ること、そして徐々に爪が黄色くくすんだ色に変化したことで、爪水虫なのだとわかりました。

 

 そのときに医者に行けば良かったのですが、なんとか自分で治せないかと、いろいろな情報を調べ、水虫の白癬菌は熱に弱いのだと知りました。そして菌を殺すために、ろうそくのろうを垂らして、爪水虫が治ったという体験談を読みました。

 

 それから毎日、ろうそくを使って、患部にろうを垂らしてみました。一瞬熱く感じるだけで、がまんできないほどではありません。しかし、黄色く変色した爪は元に戻らず、でこぼこもひどくなるばかりだったので、結局医者に行くことになりました。

 

 専門医に訊ねたところ、ろうを垂らすのはよくないことだと注意されました。繰り返し爪先にろうを垂らすと、そこがやけど状態になって、さらに菌を増殖させる可能性もあるとのことです。正しい治療法は、患部を傷つけず、常に清潔に保ち乾燥させておくことだそうです。

 

飲み薬と塗り薬で治しましたが、あのままろうそくを流し続けていたらどうなったかわかりません。ネットに効果が紹介されていても、やめた方が良いと思います。