治療にレーザー治療を選びました

治療にレーザー治療を選びました

私は爪水虫にかかっているのはわかっていたのですが、仕事が非常に忙しく、たまにとれる休みを治療するために病院に通うのは嫌だと思い、そのまま放置してしまっていました。そのため気がついたときには、私の足の親指の爪はぼこぼこに変形し、その周りは赤く炎症を起こしてしまっていました。これほどひどくなってから、ようやく病院に行ったのです。

 

病院に行くと、重度に近い症状だと言われました。そして通常であれば内服薬と塗り薬で治療を行うけれども、この症状だとかなりの長期戦となり、もしかしたら治すことも難しいかもしれないといわれました。

 

そして医師から提案された治療方法の一つにレーザーがありました。レーザー治療は保険適応外であるため高額な治療費がかかるけれども、効果が高いと言われました。そこで私は爪水虫の治療にレーザー治療を選びました。

 

私が行った病院ではレーザーは取り扱っていなかったので、京都府にある病院でレーザーができる病院を紹介してもらいそちらに通いました。

 

レーザー治療はやはり費用が高く、一回の通院で1万円以上の費用がかかりました。それでもなおしたいという思いから1か月に一度病院に通い、1年できちんと完治させることができました。

 

 

割れるほど爪水虫が悪化してしまった。

久しぶりに実家に帰省したら、弟が水虫になってしまっていてそれをしらずに弟の靴を借りて出かけてしまい、水虫をもらって帰ってしまいました。

 

後日、足の指が何だかむず痒いと感じるようになって親に話すと弟の水虫のことを聞かされ衝撃を受けたのですが、その時はまだ水虫になる人は多いと聞くしそのうち治るだろうと軽く考えていました。

 

でも、しばらくすると足の指の皮がむけ始めて、爪も白っぽくなってきて、これはやばいかもしれないと思ってドラッグストアで購入した爪水虫にも効くという塗り薬を塗ってみたりしたのですが、時すでに遅しと言った感じでまったく効果がありませんでした。

 

親には病院に行くようにすすめられたのですが、たかが水虫で大げさだという気持ちがまだあり、あいかわらずドラッグストアで購入した塗り薬を塗るだけで済ましていると、だんだんと爪の状態が悪くなってきて、色もますます濁って、分厚くなってきてしまいには割れるほどになってしまいました。

 

さすがに割れてしまったらあるくのも困難になったので観念して病院に行ったのですが、お医師さんにもこんなに悪化したら完治までには1年以上はかかると言われてしまい、爪水虫を甘く見ずにもっと早く病院に行けばよかったと後悔しています。