爪水虫の末期で爪が欠けました。

爪水虫の末期で爪が欠けました。

去年の夏、爪水虫になりました。かゆみや痛みも感じなかったので、水虫ではないと思っていて、何の治療もしませんでした。本当にひどくなってから、皮膚科に行ったので、すごく叱られたのを覚えています。

 

 水虫というと、普通は足の指と指の間などでできる、ぐちゅぐちゅとした潰瘍を思い浮かべるでしょう。しかし爪水虫は、爪や爪周りにできる病気です。爪周辺の皮膚のごわつきがひどくなり、がさがさとしてきたり、ぼろぼろとゴミのようなものが落ちてきたら要注意です。

 

 初期症状は爪が白癬菌によって白くなり始めます。この段階ならば市販薬でも治るそうです。進行すると黄色く変色し、周辺の皮膚も厚みを帯びてごわつきがひどくなります。私の場合は茶色に変色しました。これは中期から末期にかけての症状だそうです。

 

 爪に幾筋も縦筋が現れ、断面がでこぼこしているのが見ただけでもわかります。そして爪自体がとてももろくなり、爪を切ったときに、半月型に欠けてしまいました。こうなってしまうと、もう新しいきれいな爪が生え替わるまで、手の施しようがありません。辛抱強く皮膚科でもらった薬を塗りながら、少しずつきれいな爪が出てくるのを待ちました。

 

 今はお風呂に入るたびに、指の一本一本をきれいに洗い、二度と爪水虫にならないように気をつけています。

 

 

ホタテの成分で爪水虫を治しました

ある日、靴を履こうとしたら痛みが感じられ、病院で診てもらったところ、爪水虫と診断されました。何でも、爪が白癬菌に感染したものらしく、今まで自覚症状がありませんでした。

 

この病気は自覚症状がないゆえ、症状を悪化させる性質を持つことを聞いて、あらためて病気への恐怖を感じました。病院で塗り薬を処方してもらいましたが、未だ爪水虫への恐怖を拭い去ることができませんでした。

 

私の爪は依然、白っぽくて黄ばんだ感じの汚らしい状態でした。最悪、歩行困難におちいることを聞けば、誰だって気分が憂鬱になるというものです。不安紛れに病気に効く薬等を調べていると、ホタテの貝殻の粉末がに効くことを知り、何度も読み直しました。記事に納得した私は、再びネットでホタテの貝殻の粉末を主成分にした塗り薬を見つけ、迷わず購入しました。

 

数日後商品が届き、さっそくお風呂上りで水気を拭いた状態で、薬を塗っていきました。使用感は、病院で処方されたものと同じ感覚で、保湿クリームの要領で塗っていきました。毎日塗り薬を使っていくことで、次第に黄ばんだ色が脱色したかのような印象を受け、ますます治療に励みがつきました。数か月後にはすっかり爪は透明の状態で、見た目の醜悪さや特有の痛みも感じられませんでした。