爪水虫のせいで歩行するのも辛く感じる

爪水虫のせいで歩行するのも辛く感じる

爪に縦筋が入っているのを見た時には、ただの爪の汚れだろうと思っていたのですが、爪が欠けた事で何かの病気かもしれないと考えるようになりました。
自分が爪水虫を患っていると気付いた時には、すでに足元に違和感が出るようになっており、もっと早くから対処をすれば良かったと思えます。

 

皮膚が腫れてきているせいか、爪の周囲の肉が圧迫されてしまい、足の指が痛く感じるのが特に辛かった点です。
爪水虫のせいで歩行をするのも辛く感じるようになり、毎日続けていたランニングをする事もできません。

 

その痛みを改善するために使わせてもらったのが、爪に塗る事で足の健康状態を保ってくれるクリアネイルショットです。
この商品は1日1回塗るだけで良いという手軽さが気に入っており、爪に塗布してから短時間で浸透してくれるところも助かります。

 

クリアネイルショットを利用する前は、爪が硬くなっていたので爪を切るのも大変だったのですが、今では簡単に爪を切れるようになりました。
爪の周囲の皮膚の乾燥も防いで暮れたりと、足元全体の健康を保つために役立つ商品だと感じています。

 

今では爪水虫の痛みなども気にならなくなっており、普通にランニングを楽しめるようになりました。

 

 

爪水虫をほじくると症状を悪化させてしまいます

自分の爪が爪水虫になっていると気が付かなかったので、なんで爪が白くなっているのだろうと悩んでいました。そのため、爪の周りや内側を爪楊枝や先の細い物でほじくるようなことをしていました。

 

艶もなくなってきたので、やすりなどを使い削ったり、白くなってきた爪の部分を詰め切りなど切っていました。爪の白く濁った部分を取り除いたのですが、症状は良くなることはありませんでした。爪楊枝などでほじくってからしばらくすると、ほじくる前よりも白く濁っている部分が広がり、爪に先がボロボロになっていてしまいました。

 

症状が悪化してしまったので、どうしたら良いかわからずインターネットなどで調べてみました。調べてみると、自分の足の白く濁った爪は、爪水虫と呼ばれている病気の症状と良く似ています。爪水虫でやってはいけない事の中に、爪の周りや内側などをほじくることが説明してありました。

 

爪を傷つけてしまい、その傷から爪水虫の菌が繁殖してしまい症状を悪化させてしまいます。症状が悪化してしまった原因が分かったので、爪水虫に効果のある物をインターネットで購入してみました。塗り始めてから約6カ月になりますが、白い濁りや傷んだ爪の症状が改善してきました。

 

塗るだけでこれだけの効果があるので、症状が治まるまで続けていきます。