レーザー治療が効果的です

レーザー治療が効果的です

爪水虫は爪白癬とも呼ばれており、水虫の白癬菌が爪組織に入り込むことで生じるそうです。爪白癬にはレーザー治療が効果的だそうで、札幌の皮膚科で爪水虫を治すために受けることにしました。

 

外用薬を使用してもあまり効果を感じられないため、レーザー治療を選ぶことになったのです。照射は1ヶ月に1回のみでいいので負担になりませんし、5回の照射でほぼ完治しました。料金は3万円未満で済んだので、思ったより安かったです。

 

爪水虫が完治してからは、セルフケアとしてクリアネイルショットを使用しています。ネイルケア専用の商品で、これを使用していると爪がボロボロにならないのです。常に爪質が安定している感じがありますし、乾燥に強くなったように感じます。常に安定していますし、免疫力も上がっているように思いました。

 

爪水虫を完治させるには札幌のレーザー治療が決め手となりましたが、メンテナンスならクリアネイルショットで対応できます。ガサガサした不快感がなくなり、爪がボロボロになって靴下に引っかかることもなくなりました。爪が綺麗になってみると、いかに今までは爪の状態が悪かったのか実感しました。爪水虫に悩んでいる方は、早めの対処をおすすめします。

 

 

しつこい爪水虫は外来へ行くことが大事

水虫と聞くと、やっぱり恥ずかしい思いがあり、なかなか病院へ行くことは出来ませんでした。しかし私の場合、爪水虫で、自宅で治すのが難しいと言われているのです。

 

家族からも冷たい視線を投げかけられ、とうとう思い切って皮膚科の外来へ行ってみることにしました。近所にも皮膚科はあるのですが、知り合いにあって聞かれるのが嫌で、少し離れた総合病院へ行く事にしました。
診断の結果はやっぱり爪水虫で、飲み薬による治療をすることになりました。

 

総合病院ということもあり診察もある意味事務的で、水虫が恥ずかしいと世間話をする雰囲気もなく、私にとっては好都合でした。
飲み薬での治療は、パルス療法というらしく、1日1回薬を服用することを1週間続け、そのあとは3週間薬をお休みするというものでした。
もっと大変な治療かと思っていたので、もっと早く始めればよかったと思ったぐらいです。

 

ただ、結構強い薬らしく、定期的に病院を受診して血液検査などを行う必要はありました。このクールを合計3回繰り返します。
あまり頑張ったりはしませんでしたが、無事に3クール終わったときには、きれいに治すことに成功したのです。
爪水虫は、やはり病院での治療が欠かせないと思います。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら