ゼフナートは副作用が少なく効果的

ゼフナートは副作用が少なく効果的

爪水虫に効く薬は色々ありますが、中でもゼフナートという薬が効果的と友人から教えられたので試してみることにしました。
水虫の原因の白癬菌の細胞が作られるのを防ぐ力があるのですが、処方薬なので皮膚科で医師の診察を受けないともらえませんでした。

 

皮膚科で処方してもらわないといけないのは面倒ですが、その分、効果も高いように感じました。

 

爪水虫は薬を塗っても効果が出るまでに長い時間がかかるのですが、ゼフナートの場合、使い始めて2か月くらいで効果が出てきました。
個人差があるので、早い人ならもっと速く効果が出るかもしれません。

 

医師によると1日1回でも十分に効果を発揮すると言っていたのですが、1日2回塗っても問題ないと言うことで、私は1日2回使用しました。

 

ゼフナートは、私の経験則からはダントツに爪水虫によく効いた感じで、副作用が少ないのが良いところです。
液体タイプは成分が浸透する前に蒸発してしまうので、私が使ったのはクリームタイプです。

 

皮膚にとどまって成分が角質層まで浸透したので、しっかり効果が出たのだと思っています。

 

同じ薬でもタイプが違うだけで治り方が変わってくるので、使用するならクリームタイプがオススメです。
ただし、水虫系の薬剤の中で唯一ドラッグストアでは買えず、医師の処方箋が必要なのでその辺は注意が必要です。

 

 

全部の爪が爪水虫になる前に

最初の爪水虫ができたのは親指一本だけでした。上の方が少し濁った色になり、変だなと思っていたのですが、だんだん濁りが下にも移っていって、最終的に一本全部の色が濁り、かつ厚くなっていきました。これは困ったことになったと思いました。

 

はじめは足の裏に水虫ができていたのですが、爪水虫はありませんでした。また、爪に水虫ができるとは考えてもみないことでした。ところが、親指が水虫になって、はじめて爪も水虫に感染することを知りました。そのとき不安だったのは、隣の爪にも移っていくのではないかと言うことでした。

 

案の定不安は的中しました。ゆっくりと、しかし確実に他の爪にも水虫菌が感染していきました。しかも、両方の足の爪ともです。すごい感染力だと思いましたが、悠長なことは言っている暇はありませんでした。全部の爪が感染してしまう前に本格的に治療をしないといけないと思いました。

 

最初は液体状の市販薬を付けていたのですが、全く効果がありませんでした。そこで意を決して、病院に行くことにしたのでした。小さな個人病院でしたが、すぐに薬を処方してくれました。飲み薬を処方されたのですが、かなり強い薬ということで、定期的に異常がないか検査しながらの治療でした。幸い、現在は完治し、爪水虫の再発はしていません。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら