10代でなったのでショックでした

10代でなったのでショックでした

アルバイトで着ぐるみを着て子ども達に風船を渡す仕事をしていました。夏は着ぐるみの中がかなり高温になるので汗でびっしょりになってしまいます。先輩からは着ぐるみは重いので、足がふらふらにならないようにするため、ゴム靴など滑り止め防止になっている靴を履いたほうがいいとアドバイスをされました。

 

そこでゴム製の靴を履いていたところ、アルバイトが終わったときには蒸れて足がふやけている状態でした。その後、数日したら足の爪の表面が白っぽくなっていることに気付きました。もしかして水虫かと思いましたが、特に痒みがあるわけではなかったので、すぐに治るだろうと放置していました。

 

そうしたら2週間後には足の親指の爪が全体的に白くなっていたので、心配になって皮膚科を受診しました。そうしたら爪水虫だと診断されて驚きました。爪の内側のカビのようなものが広がっているということで、10代なのに爪水虫になるなんてとショックを受けました。

 

水虫などは中年以降の男性がなるものだと思い込んでいましたし、特に足を洗っていないということもなかったからです。医師からは通気性の悪い靴を長時間履いたり、温泉施設などでも感染する可能性があると教えてもらったので、ゴム靴により爪水虫になったとわかりました。

 

それからは通気性の良い靴下や靴を履くように心がけています。

 

 

爪水虫の治療する際2chを無暗に信用しない

爪水虫は、爪が割れたり変色したりして、爪が変わった状態になることが症状の現れです。爪に水虫菌が感染しているため、綺麗な爪が生えてこないのです。このようになった場合、他の病気なのか、あるいはただ一時的に体の調子が悪いのか判断することはできません。

 

そこで、最近では何か気になるとインターネットで調べることができます。2chでは、色々な情報や口コミが寄せられており、爪水虫に関することも記載されています。私も2chの情報を見ることはあるのですが、病気に関してはあまり信用しないようにしています。

 

これは匿名の掲示板で、専門家が記載した情報ではないため、情報が正しいのかどうか分からないからです。それに、爪水虫は放置して治療を先延ばしにしておくと、感染が広がってしまい、他の部位にも感染してしまうことがあるため、早期に治療をした方がいいのです。

 

また、各自で薬を購入できるとも記載していますが、どの頻度で、何の薬を服用したらいいのかは個人によって異なります。このような専門的なことを素人が勝手に判断しては副作用が起きてしまう可能性もあります。

 

また、適切な治療が行われていないために、治らないこともありますので注意しなければいけません。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら