なぜか1本だけできる・・

なぜか1本だけできる・・

私は足の小指にだけ爪水虫ができます。爪の隙間が白くなって、分厚い感じになります。最初は、まさか水虫だと思いませんでした。1本だけですし、そこから周囲に広がることもなかったからです。それに、うっとうしく見た目も悪かったですが、特に痒みはありませんでした。そのために、まったく水虫と考えることはなかったのです。

 

しかし、インターネットを検索している時に、たまたま「爪水虫」という言葉が目に入ったのです。興味本位で見てみると、まさに私の爪の状態です。それも、1本だけというのも珍しくないとか。

 

ほかの部位の水虫と違い、爪の奥深くに水虫菌が繁殖しているため、ほかの爪に映らないこともあるという説明でした。

 

それを知り、早速水虫の薬を購入しました。どうやって爪の間に塗ればよいのか迷いましたが、無理やり、爪の下にも入るようにグイグイ塗るようにしました。すると、一時的に回復したように見えました。しかし、ほっとしたのもつかの間、またしばらくすると、同じ症状が出てきたのです。

 

どうやら、爪水虫というのはしつこいらしく、なかなか完治は難しいようです。しかし、今現在も根気強く、爪水虫根絶のために、クリームを塗り続けています。

 

 

爪水虫にヴェポラップは有効か?

現在、爪水虫にかかっている女性です。きちんと医者で診断されたわけではないのですが、爪が少し反り返って白っぽく濁っていること、風呂場で爪先を洗うと、皮膚がボロボロ落ちてくることから、たぶんネット掲示板で言われている爪水虫ではないかと思います。

 

忙しいし、お金もないので、皮膚科に行けません。そこで、自宅の救急箱に入っている、ヴィックスヴェポラップを使って、爪水虫を治そうかと思い、試している最中です。

 

 ヴェポラップは鼻づまりや胸苦しさの緩和剤として有名ですが、誰でも子供の頃に一度くらいは使ったことがあるのではないかと思います。いわゆる家庭の常備薬です。この薬にはハーブの一種であるタイムが含まれており、それには殺菌作用があるのです。ヨーロッパなどでは、比較的最近まで、タイムから抽出された成分を痛み止めや傷薬として使っていた歴史があります。

 

 使ってみた感想は、今のところ悪化はしていないということです。爪水虫の症状が進むと、今度は爪が黄色く変色し、肥厚化が進み、場合によっては欠けたりすることもあるようですが、私の足の爪はまだ白いままです。塗り始めて一週間程度なので、はっきりしたことは言えませんが、効いているような気がします。

 

 ヴェポラップに含まれる、チールという成分が爪水虫に効果があるらしいので、このまま続けて様子を見てみるつもりです。万一、悪化するようなことがあれば、そのときにはおとなしく皮膚科に行ってみようと思っています。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら