ヴィックスで治る!?

ヴィックスで治る!?

ふと自分の爪を見ると足指の爪が変色していたという経験がある方もいるのではないでしょうか。私もそうでした。かゆみなどは一切ありませんでしたが爪の色が変な色になっており一瞬どこかにぶつけて壊死した?と疑ったほどです。

 

その後皮膚科に行き、爪水虫と診断されました。どうやら銭湯のバスマットなどから貰ってきてしまったようです。この爪水虫、診断された当初はあまり深刻に考えていなかったのですが治療法の話しになったとき何年間も通院が必要である事、抗生物質を飲み続け菌を死滅させるしかないことを聞かされ事の重大さに気づきました。

 

そんなに何年も皮膚科に通いたくない一心でネットで検索をしてヴィックスが効果があるという民間療法の噂を見つけたので試してみました。

 

ヴィックスは本来セキを鎮める薬です。この薬にはハーブの一種であるタイムが含まれておりこの殺菌作用が効果があるようです。また、タイムから抽出されたオイルはとても爪のように硬い組織にも素早く浸透してくれるため内部から長期間かけて抗生物質で菌を殺さなくても外部から殺菌することができるそうです。

 

他にもチールという成分が爪水虫に効果を示している可能性があげられていますが真相はわかりません。ただ、私は通院が嫌でしたのでヴィックスをとにかく塗り続けました。すると次第に変色がなくなり皮膚も正常になりましたがそれでも続けてみて、2,3か月ほどした際にもう1度皮膚科に行くと完治していました。

 

個人差はあるのでしょうが、私には効果があったためある程度の効果は期待できると言えます。

 

 

爪水虫になり、病院で治療を受けています。

これまでツルツルと透明だった爪が何となく剥がれやすくなり、ボロボロとしてきました。
色も白っぽいくすんだような色になり、明らかに異常があると思ったため、京都の病院を受診したところ、爪水虫と診断されました。

 

毎日きちんと足は洗っているつもりだったので、自分が爪水虫という病気になる事はとても意外でしたが、若い女性の患者さんも多いと医師から言われました。
治療に飲み薬を服用しています。

 

実はこの薬を飲み始めた時は、何とも言えない体調不良に悩まされました。
食欲不振やムカムカ、吐き気など胃の不快感があり、薬の副作用だなと思いました。
人によっては薬の影響で肝機能の数値が悪くなり、飲み薬の服用を中止するケースもあるようですが、私はそこまで状態は悪くならず、次第に体が薬に慣れていきました。

 

ただし、風邪薬のように飲んだからといってすぐに効く訳ではありません。
医師からは最低でも半年はかかると思うよと言われており、その治療期間の長さには少々うんざりしています。

 

最近は少しでも早く良くなればと思い、爪水虫に効果がある爪用ジェルを購入して使い始めました。
爪用に特化したジェルなので、有効成分がしっかりと爪に浸透しているような感じもします。

 

早く元の綺麗な状態に戻るためにも、飲み薬とジェルでのケアを毎日続けています。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら