ピルと併用しても安心な薬を処方

ピルと併用しても安心な薬を処方

温泉施設で働いていますが、爪にカビが生えたような状態になったので、すぐに爪水虫に感染したことがわかりました。同僚が同じ症状でクリニックで爪水虫だと診断されたことを聞いていたからです。

 

自分もクリニックを受診して処方薬をもらおうと考えましたが、生理不順が続いているため継続してピルを産婦人科から処方してもらっています。薬の飲み合わせによっては副作用が出ると思ったので、皮膚科でピルと併用しても安心な薬を処方してもらうことにしました。

 

医師からは、爪水虫を改善するための薬として、内服薬の他に外用薬があると教えてもらいました。ピルと併用する場合は、安全のために外用薬を使ったほうがいいと提案されました。外用薬はクリーム状のもので、爪水虫になっている部分に塗りだけで良いという手軽さだったので、継続して使うことにしました。

 

おかげで少しずつ白いカビが発生していた部分がおさまっていき、新しく生えてきた部分はピンク色の健康な状態の爪だったので安心しました。外用薬のクリームは、においもほとんどなかったので、外出する前に塗っても問題がありませんでした。

 

早めに治療を始めたおかげで、想像していたよりも早く症状が治まって良かったです。

 

 

爪水虫のパルス療法を受けてみました。

私は爪水虫に悩んでおり、家族への感染を防いだり、爪のごわつきや、変形を改善するために、パルス療法を受けることにしました。

 

従来の爪水虫の内服薬は、半年以上服用する必要がありますが、パルス療法は、一週間服用を続けてから、3週間は薬を中断して、3回繰り返す方法です。

 

パルス療法は、内服薬の効果が実感しやすく、長期間効果が持続するのが特徴になっており、内服を続けていると、3か月程度で、爪の状態が少しずつ改善してきました。
現代は大変ポピュラーな治療法になっており、費用もわかりやすく、明瞭になっているため、安心して治療が受けられます。
皮膚科では、安全性の高い内服薬の処方を行っており、服用する期間も短期間なので、体に負担の少ない方法だと実感しています。

 

足の爪は、手の爪に比べると、生えてくるスピードが遅いですが、一年ぐらい経過すると、爪が生え変わり、元のようなきれいな状態になったので、満足しています。
爪水虫は、通常の水虫と同様に、自然治癒はしないので、早い段階から、治療を始める必要があります。

 

爪水虫は、通常の水虫とは違って、痒みはありませんが、爪がもろくなり、変形の原因になってしまいます。パルスの療法を受けて、高い効果を実感しています。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら